ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

「日本ものづくりワールド2018」開催 ゴム関連企業も独自製品や加工技術をPR

2018年06月22日

ゴムタイムス社

 世界最大級のものづくりの専門展「日本ものづくりワールド2018」が6月20日~22日まで東京・有明のビッグサイトで開催され、ゴム関連企業は4つの専門展のうち「機械要素展」を中心に出展した。

◆バンドー化学
 次世代高負荷対応ベルト「セプターX(テン)」や工作機の摺動部に使用するシール材「バンドーワイパーエッジEX」、平ベルト駆動システム「HFD」を中心に環境・省エネ・高機能に役立つ製品を多数出品した。
 セプターテンの特長は、従来ベルトに比べ2倍以上の伝動能力(高伝動容量)があることや、ベルトの幅狭化で打撃音が低減(低騒音化)、ベルトの高弾性化に伴い従動プーリの応答性が向上(高い応答性)などがあげられる。射出成型機やロボット、工作機などさまざまな産業機械の同期伝動に適した歯付ベルトの最上級グレードとなっている。


◆三ツ星ベルト
 伝動ベルトや搬送ベルト、エンジニアリングプラスチックなど、様々な機械設計に応用可能な特色ある製品を出品した。
 伝動ベルトの「ギガトルクGX」はカーボン心線を使用することで、従来、金属チェーンしか使用できない高トルク、高負荷条件下で高い伝達能力を備えている。
 エンジニアリングプラスチックでは、「キャストナイロンシリーズ」などを紹介。同シリーズはモノマー注型により射出成形や押出成形品にはない優れた機械強度を加工性を備えている。自動車を始め電動化が進む中、金属部品からの置き換えによる軽量化を実現するものとして需要が拡大している。

◆ニッタ/ゲイツ・ユニッタ・アジア
 ニッタはゲイツ・ユニッタ・アジアと共同でブースを出展した。
 ニッタでは「超柔軟」「クリーン」「ロボット」のテーマごとにホース・チューブ製品を中心に展示した。
 「超柔軟」をテーマにしたコーナーでは、油圧ホースの「LINEMATE™(ラインメイト)」シリーズで注力する超柔軟樹脂ホース「LB70」を紹介。特長は優れた柔軟性で、従来比で柔軟性を15%~25%向上させたことで、配管時の負荷が軽減され、追従性もよく、複雑なレイアウトにも対応できる。
 ゲイツ・ユニッタ・アジアでは、高負荷伝動用タイミングベルト「パワーグリップEVⅢベルト」などタイミングベルトをメインに、送電に使えるタイミングベルト「eーベルト(イーベルト)」を紹介した。
 パワーグリップEVⅢベルトは、標準ベルト「EVベルト」に対し伝動容量が飛躍的に向上した他、カーボン心線を採用することで高い張力安定性と伸びの低減を実現している。

◆東拓工業
 各種ホースの優れた特徴が一目で分かるデモ機コーナーを設けて製品紹介を行った。
 新製品「TACダクト耐摩耐油」は、耐油性を向上させながら、耐摩耗性を損なわず、静電気防止性能にも優れている。耐油性と耐摩耗性を両立させた高機能ホースで、油分を含む粉粒体の輸送に適している。
 また、同社はこれらホースに接続する専用金具のラインナップ拡充を図っており、専用金具の新製品として「TACエコライン耐熱耐油100℃仕様用しめTAC(樹脂製ホルダー)」や「ラインパワーAT用しめTAC(アルミ製ホルダー)」などをPRした。


◆トヨックス
 「生産効率向上・技術者不足・BCPに強い工場へ!」をテーマに、現場のお困りごと改善につながるホースと、漏れ・抜けなどから発生する生産トラブルを防止できる専用継手を組み合わせた「ホース配管安心セット」をPRした。ブースでは、「ハイブリッドトヨロンホース」など折れ・つぶれに強いホース製品とともに、専門の知識がなくても現場で施工ができる「トヨコネクタシリーズ」を紹介し、ホースのつぶれや、継手の有効断面積の大きさでどれだけ生産効率に違いが出るかなどを実際に比較ツールによる実演を通じて来場者に提案していた。また希望があれば、後日、各種実演ツールを搭載したホースドクターカーでお客様を訪問することも可能と話していた。


◆八興
 ホース・チューブ専門メーカーである同社は、業界初の「導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ」をメインに、新製品「フェルール継手加締品PFAライニング」、今後上市予定の「積層チューブ専用樹脂継手」を紹介した。
 フェルール継手加締品PFAライニングは、柔軟フッ素ホースシリーズに対応し、継手内面からフェルール接続部端面までの接液部をフッ素樹脂のPFAでライニングすることで、従来の金属製フェルールと比べて、酸・アルカリなどの薬品に対する耐性を向上させた。

◆ホッティーポリマー
 汎用FDM方式3Dプリンターで使用できる、特許取得品「HPフィラメント(スーパーフレキシブルタイプ」と新開発品「HPフィラメント(PEEKタイプ)」の2製品を来場者に強くPRした。
 スーパーフレキシブルタイプは、ポリ乳酸とエラストマーの独自配合により作成された軟質フィラメント。これを用いれば、柔軟性と精度の高い造形が3Dプリンターで再現できるという。
 PEEKタイプは

本文:3333文字

写真・表・グラフあり