ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

横浜ゴム 「名球会ASEANベースボールプロジェクト」を継続支援

2018年06月15日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは6月15日、一般社団法人日本プロ野球名球会が主催する「名球会ASEANベースボールプロジェクト」を継続支援すると発表した。

 同社はCSR活動の一環として同会とスポンサー契約しており、プロジェクトの支援は2017年度に続き2年目。新たな契約期間は2018年4月1日~2019年3月31日の1年間。

 日本プロ野球名球会は笑顔の溢れる心豊かな社会づくりと野球文化の持続的発展を目指し、アジアを中心にチャリティイベントや野球教室など様々な活動を展開している。「名球会ASEANベースボールプロジェクト」もその一環として行われており、同会メンバーの元プロ野球選手が野球を通じて子供たちの心と体の健やかな成長を支えている。今年度は年4回の開催が予定されている。横浜ゴムはスポーツを通じた青少年の健全育成に賛同し支援を決めた。

 横浜ゴムはCSR経営ビジョンに「社会からゆるぎない信頼を得ている地球貢献企業になる」ことを掲げ、環境保全と社会貢献の両面から活動を推進している。その一環として青少年の健全育成にも力を入れており、今回の支援のほかにも、サッカーを通じて恵まれない若者の健全育成に取り組む米国ニューヨーク市のサッカークラブ「FCハーレム」も支援している。同社のCSR活動は海外でも高く評価されており、世界的なESG投資指数「FTSE4Good Index」の構成銘柄に13年連続で選定されている。

 

今年2月にブルネイで行われた「名球会ASEANベースボールプロジェクト」での記念撮影

今年2月にブルネイで行われた「名球会ASEANベースボールプロジェクト」での記念撮影