ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム金型構造の基礎知識・金型の選び方のバナー

住友理工 ドイツで新研究開発棟の起工式を実施 自動車用防振ゴムの研究拠点

2018年06月08日

ゴムタイムス社

 住友理工は6月8日、自動車用防振ゴムの研究開発・販売子会社、SumiRiko AVS Germany GmbH(略称:SRK―GER、ドイツ・ヘッセン州)で、新設する研究開発棟「SRK―GER R&Dセンター」の起工式を執り行ったと発表した。

 同センターの新設は、世界的な技術革新に寄与し、欧州自動車メーカーを中心とする新たなニーズに応えるため、同社グループがグローバル・システムサプライヤーとして飛躍するロードマップの重要な通過点としている。またセンターでは従来の研究開発に加えて、今後はさらに電動車における内装品の快適性能を高めるシステム開発などにも取り組み、新商品の創出につなげる。

 5月下旬に開いた起工式には、SRK―GER関係者らが出席。同社取締役常務執行役員(防振事業本部長)の松岡勉氏が「我々はこの地を、当社グループの欧州における自動車用防振ゴムのR&D(研究開発)拠点として、さらに発展させていきたい」とあいさつした。執行役員棚橋洋昭氏(SRK―GER CTO)や常務執行役員のオラフ・ハーン氏(SRK―GER CEO)が続き、その意義を強調した。

 同センターの延床面積は約4700㎡(開発部門オフィスおよび試作・初品・試験棟の計2棟)で、投資額は約1000万ユーロ。2019年9月に竣工予定となっている。

 自動車産業における「100年に一度の大変革期」と言われる今、電気自動車(EV)や自動運転などの技術革新・新製品の開発は日々加速している。同社グループは、自動車用防振ゴムのマーケットリーダーとして欧州自動車メーカーの動きやニーズを的確にとらえ、次世代自動車向けの新商品開発を推し進めるためにも、この新センターの設立を大きな契機として、欧州市場でのさらなる躍進を図っていくとしている。

 

起工式で工事の無事を祈る出席者

起工式で工事の無事を祈る出席者