ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

佐藤ライト スーパーエンプラの生産拠点拡張 三重県津市に第2工場建設

2018年06月05日

ゴムタイムス社

 プラスチック成形部品の加工メーカーである佐藤ライト工業は6月5日、三重県津市の「あのつ台工場(中勢北部サイエンスシティ内)」において、5月下旬から第2工場の建設に着手したと発表した。

 同社は半導体・エレクトロニクス用途向け圧縮成形母材、自動車や各種産業分野向け特殊コンパウンドなど、高機能性樹脂材料の開発および生産体制の拡充を図るため同建設を行う。

 第2工場は、グループ会社のPBIアドバンストマテリアルズが手掛けるスーパーエンプラ材料の開発と生産を目的としている。第2工場の延床面積は1690・5㎡で、今年10月に完工、2019年1月より稼働開始を予定している。

 PBi―amは、超耐熱性PBI(ポリベンゾイミダゾール)樹脂、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂やPI(ポリイミド)樹脂などのスーパーエンプラに対して炭素繊維やセラミックなど各種フィラーを配合した高付加価値なコンパウンド材料の開発と販売を手掛けている。現在同社は2016年3月に稼働開始したあのつ台工場(第1工場)と、亀山工場(三重県亀山市)の2拠点で各種樹脂材料の開発および生産を行っている。

 PBi―amでは2017年初頭から、半導体関連分野の製造・検査装置部品などに用いられるスーパーエンプラ材料の需要が急速に高まっている。このため、生産体制の強化に迫られる中、同社は第2工場建設を決定した。第2工場の完成後は、亀山工場で稼働しているPBi―am保有の各種試験装置や成形機を新工場に移設するとともに、成形機を含めた各種装置の新規導入を通じ、生産能力を従来の2倍程度に拡張する計画だ。

 今回の投資について、佐藤社長は「2012年7月に将来的な生産能力拡張のため中勢北部サイエンスシティに取得したこの工場用地(平場面積・約1万2000㎡)は、4区画に分けて順次工場を建設する予定だ。2016年3月には第一期工事によってあのつ台工場(第1工場)を稼働させており、今回が第二期工事にあたる。残りの2区画についても稼働状況をみながら計画を進めていく」と明らかにしている。

三重県津市に建設する第2工場(イメージ図)

関連キーワード: ·