ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

【新社長インタビュー】昭和ゴム 山口紀行社長・宗宮保取締役

2018年06月11日

ゴムタイムス社

 昭和ホールディングス・グループにおけるゴム事業の中核を担い、更なる「アジア・ライニング№1」を目指す昭和ゴム。5月末に開催される同社の株主総会で社長に就任した山口紀行氏と宗宮保取締役に、ゴム事業の戦略、海外展開などを尋ねた。

―社長就任の抱負は。

山口新社長

山口新社長

山口 昭和ゴムは歴史がある企業なので非常に重みを感じ、覚悟を決めてしっかり取り組んで行く。その上で、従業員が未来を想像できるような会社にしていきたい。たとえば、「この会社にいて良かった」「この会社でこういうことをやってみたい」といった思いやアイディアが、私のところまで届き、それを出来る限り反映できるようにしていく。私が会社を作り上げていくというよりも、従業員が主役であり、私はサポーター役だと思っている。

 ―ゴム事業の戦略は。

山口 3月に最終年度を終えた中期経営計画「アクセルプラン2」で設定したゴムライニングで「アジア・ライニング№1」をさらに強化していく考えがある。そのためには、第一に国内のライニング業界でのシェアを拡大していくこと。もう1つは、アジアとの連携を強め海外も拡大していくことだ。

―ゴムライニング事業は。

山口 ゴムライニング事業は成長させる事業と考えており、国内のライニング市場の伸びしろはまだある。確かに価格競争にならざるを得ないところはあるが、親会社の昭和ホールディングス・グループ全体で豊富な資金と資源があるため、それらを活用したM&Aや、昭和ゴムの西と東の双方の販売拠点の強化をしていくことでまだまだ販売を拡大していくことはできる。

―海外展開の今後は。

山口 今後のアジアとの連携強化については、海外担当の宗宮保取締役と協力して進めていく。

宗宮取締役

宗宮取締役

宗宮 私が昭和ゴムアジアカンパニー社長に就任し、タイ・マレーシア・インドネシアをはじめアジア全域の関連会社5社を統括する。ITの発展した現在では国ごとに意思決定するスタイルは古い。全アジア2人で意思決定していく

 

本文:約1683文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·