ゴムタイムス70周年の画像

語録 退任のあいさつ(中部ゴム商組、西部ゴム商組、大阪ゴム工業会)

2018年05月30日

ゴムタイムス社

●中部ゴム商組

「大変微力ではございましたが、3期6年間、当組合の理事長を務めさせていただきました。本日、無事に通常総会を迎えることができましたのも、組合員、賛助会員、役員の皆様のお力添えの賜物と深く感謝をしております。今期から加藤巳千彦新理事長のもとでスタートします。当組合が今後ますます発展しますよう祈念いたします」(中部ゴム商組の第39回通常総会並びに懇親会で川島健一前理事長の退任のあいさつ)

川島前理事長

川島前理事長

●西部ゴム商組

「3期6年間にわたり大変お世話になりました。今後も理事・相談役として、岡新理事長をバックアップしてしていきたいと思います。理事長の役割は、次の世代にバトンタッチするのが仕事だと思います。そのためには、組合において若い世代が参加できる仕組みを作らなくてはいけません。その意味で、次世代経営者の会を作り、今では非常に優秀な方が参加し、素晴らしい会になっていると思います。この方たちが次世代の組合を支えることになります。皆様も一緒になって盛り上げていただけたらと思います」(西部ゴム商組の通常総会で祖父江一郎前理事長の退任のあいさつ)

祖父江前理事長

 

●大阪ゴム工業会

「こうして2期4年にわたり大過なく会長職を終えることができましたのも、ここにおられる皆様のご協力のおかげです。任期中、特に何をしたという記憶はありませんが、唯一功績があったとすれば、若い執行部にバトンタッチをしたことだと思います。これから活躍が期待される若い方々は、大昔の先輩方の工業会に対する思いを忘れずに、そして先輩から引き継いだものを決して壊すことなく、次世代につなげてほしいと思います」(第65回大阪ゴム工業会総会で山内一郎前会長の退任のあいさつ)

 

山内前会長