ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

JSR 米OPMと協業で医療デバイス事業

2018年05月14日

ゴムタイムス社

 JSRは5月14日、ポリエーテルケトンケトン樹脂(PEKK)を用いた医療デバイス事業と歯科中間材料事業について、Oxford Performance Materials社(OPM)と協業でアジア地域で開始することに合意したと発表した。

 OPMはコネティカット州サウスウィンザー市に本社を置き、医療・工業用途向け高機能デバイスの開発、製造を手掛ける。

 JSRグループでは、ライフサイエンス領域での新たな価値創造活動の一環として、個別化医療の実現へ向け、同社が強みとする「材料技術とデジタル技術との融合」を通じた研究開発とその社会実装をJSR・慶應義塾大学医学化学イノベーションセンターにて進めている。

 この医療イノベーションへ向けた取り組みの早期具現化を図るJSRと、保有事業のアジア地域への拡大を図るOPMの方針が一致し、協業の合意に至った。

 両社はアジア地域向けのPEKK医療デバイス事業、歯科中間材料事業を手がける製造販売会社を年内に日本国内に設立し、来春までに事業運営を開始する予定。

 OPMは、生体骨組織との親和性に優れるPEKKの機能に着目し、3Dプリンティング技術を用いた医療分野向けの高機能デバイスを開発してきた。自社で米国FDAを取得した個別化頭蓋骨再建デバイスのほか、脊椎ケージや歯科補綴材などの医療デバイスが2013年以降多くの臨床現場で使用されている。

 JSRは、この協業を通じて材料技術の強みを生かした医療デバイスの実用化をさらに加速させ、同社グループ内のシナジーを生かしながら医療イノベーションの実現へ向けた新たな事業の構築を進める方針だ。

 

医療・工業用途向け高機能デバイス

医療・工業用途向け高機能デバイス