ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

18年1~3月のゴムライニング 2四半期ぶりの減少

2018年05月16日

ゴムタイムス社

 日本ゴム工業会・統計委員会(ライニング製品関係5社)がまとめた1~3月のゴムライニング生産実績によると、国内・輸出を合わせた生産は114・1tで前年同期比0・7%減となり、微減ながら3四半期ぶりのマイナスとなった。

 主力の化学工業用はソーダ工業用途が前年同期を上回った。また、電力や水処理装置などが大きく伸長したことで、その他用全体では3割強の増加となった。さらに、他の用途では、車両・船舶用が3割近い減少となったものの、鉄鋼用が大幅な増加だったほか、食品工業も伸びた。ただ、輸出が前年同期比9割強と激減したのが響き、全体では微減となった。

 化学工業用は40・3tで同11・4%減。前四半期の増加から減少に転じた。

 鉄鋼用は6・2tで

本文:約631文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·