ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

ブリヂストンの1~3月期 多角化不振で営業益3%減

2018年05月14日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンの2018年12月期第1四半期連結決算は、売上高が8598億5500万円で前年同期比0・9%増、営業利益は998億9700万円で同3・1%減、経常利益は927億8900万円で同4・2%減、四半期純利益は634億300万円で同7・0%増となった。
 タイヤ販売は欧米での前年駆け込み需要影響等により、PSRは対前年若干の減、TBRは前年並みとなった。ORR超大型、大型は共に対前年比伸長した。
 タイヤ部門の売上高は7150億円で同1%増、営業利益は963億円で同1%増となった。
 多角化部門は売上高が1497億円で同2%増となり、営業利益は37億円で同52%減となった。
 地域別では日本の売上高は2685億円、同5%増、営業利器は380億円、同15%増となった。米州の売上高は4089億円、同2%減、営業利益は425億円、同8%減となった。
 欧州ロシア中近東アフリカの売上高は1428億円、同6%増、営業利益はマイナス6億円となった。
 中国アジア大洋州の売上高は1600億円、同1%増、営業利益は173億円、同14%減となった。
 営業利益の増減要因は為替で20億、売値MIX数量で99億円の増益要因があったものの、原材料価格で40億円、販管費90億円、減価償却費が20億円の減益要因となり、合計31億円の減益となった。
 通期業績予想については当初予想からの変更はなく、売上高が3兆8000億円で前期比4・3%増、営業利益は4630億円で同10・5%増、経常利益は4390億円で同9・6%増、当期純利益は3080億円で同6・8%増を見込んでいる。

ブリヂストンの18年12月期第1四半期連結決算

ブリヂストンの18年12月期第1四半期連結決算

関連キーワード: ·