ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム金型構造の基礎知識・金型の選び方のバナー

東レ ポリオレフィン発泡体を滋賀で能増

2018年05月09日

ゴムタイムス社


 東レは5月7日、滋賀事業場でポリオレフィン発泡体「トーレペフ」の生産能力を増強すると発表した。

 アジアでの需要拡大に対応するため、滋賀事業場(滋賀県大津市)に年産約2000tの生産設備を増設し、2019年10月の稼働開始を目指す。

 今回の増設により、海外も合わせた東レグループにおけるトーレペフの年産能力は1万3000tに拡大する。

 トーレペフは、軽量、断熱性、緩衝性、成形性、非吸水性等の特徴を有したポリオレフィン発泡体。独自発泡方法による品質安定性と成形加工性の良さにより、電子機器部品、家電製品の断熱材、住宅・土木用のクッション材など様々な用途に採用されている。

 特に近年、自動車の内装材として使用される柔軟なポリオレフィン発泡体は、その質感が快適性向上につながることから需要が拡大している。アメリカの自動車メーカー各社は内装材高級化を車種差別化の戦略として重視しており、ドアパネルやインストルメントパネル材料などのソフトタッチ内装材用としてトーレペフの採用が増加している。

 この内装の高級化・ソフト化は日本や中国の市場にも広がり、搭載車種・部位の増加に加え、今後中国における自動車生産台数の増加が見込まれるSUV系車種では、米国市場と類似した内装の高級化が進み、発泡体搭載車種の増加が見込まれる。

 同社は、日本と米国子会社トーレ・プラスチックス(TPA)の2拠点でトーレペフを製造、販売しており、日米連携しながら事業運営を行っており、TPAでは生産設備増強を完了し、2018年2月から稼働している。

 今回の生産能力増強は、アジア圏での自動車内装用途の需要拡大、また国内各用途の旺盛な需要への対応を目的とする。同社は、日本での早期の生産能力拡充により、日本や中国を含むアジア市場への安定的な供給の責任を果たすとともに、一層の事業拡大を目指すことにしている。