ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

2018年05月01日

ゴムタイムス社

 4月23~27日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で19社が上昇、12社が下落した。4月27日のゴム平均は、前週末比2円55銭高の1785円3銭と反発した。

 株価上昇率ランキングでは、1位が豊田合成で同7・52%高、2位が三洋貿易の同3・41%高、3位が三ツ星ベルトの同3・39%高となった。

 主なゴム企業の株価を見ると、タイヤ4社ではブリヂストンが同17円高の4589円と反発、住友ゴム工業が同16円高の1957円と反発、横浜ゴムが同60円高の2585円と反発、東洋ゴム工業が同16円高の1870円と反発した。

 自動車用ゴムでは、豊田合成が同194円高の2774円と続伸した。同社が27日に発表した18年3月期は、自動車部品事業が国内外で販売を増やしたことや、為替変動の影響もあり、売上高は6・8%増、経常利益は10・7%増の増収増益となった。また、同社は今期の年間配当を前期比4円増の60円に増配する方針。これらが好感され、株価は急伸したもようだ。

 合成ゴムでは、JSRが同268円安の2065円と続落

本文:約565文字

写真・表・グラフあり