ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム金型構造の基礎知識・金型の選び方のバナー

東ソー PPSコンパウンドを開発

2018年04月20日

ゴムタイムス社

  東ソーは4月20日、耐ヒートサイクル性能を業界スタンダード品と比較して、80%向上させたPPS(ポリフェニレンサルファイド)コンパウンドを開発したと発表した。

 PPS樹脂は、燃費や消費電力の改善を目指す自動車の軽量化に向けた金属部品の代替品として、また、電動自動車の普及などに伴い、需要が拡大していくと予想されている。

 自動車では、金属端子や電極など、樹脂成形用の金型に金属を挿入して成形する、金属インサート成形が行われる部品が多い。耐ヒートサイクル性能は、高温と低温の温度変化に対する耐性で、収縮率などの異なる素材から成る部品の耐ヒートサイクル性の向上は、重要な要素となる。

 今回の開発品は、ウェルド強度や流動性も改良が行われ、製品の薄肉化・複合化による自動車の更なる軽量化に貢献することが期待される。

 今後、サンプルワークを本格的に開始し、量産化を検討していく。

 

金属インサート成形した部品

関連キーワード: ·