ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

18年2月の自動車タイヤ 生産4ヵ月連続で増加

2018年04月12日

ゴムタイムス社

  日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた2月の自動車タイヤ・チューブ生産、出荷、在庫実績によると、生産は1202万9000本で前年同月比2・0%増、国内出荷は837万6000本で同2・8%増、輸出出荷は349万2000本で同2・6%減となった。

 生産については4ヵ月連続で増加、国内出荷は3ヵ月連続で増加、輸出出荷は9ヵ月連続で減少した。2月の新車用タイヤの販売本数は前年並み、市販用は前年同月比2・9%増とプラスが続いている。市販用タイヤでは、乗用車用が前月の減少からプラスに転じたことや、トラック・バス用は好調が持続していることで、生産・国内出荷ともにプラスとなったと思われる。

 品種別の生産本数は、トラック・バス用が85万7000本で同12・3%増、

本文:519文字

関連キーワード: ·