ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

週刊ゴム株ランキング 朝日ラバー、ICタグ関連株で注目(4/2~6)

2018年04月09日

ゴムタイムス社

 4月2~6日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で12社が上昇、19社が下落した。4月6日のゴム平均は、前週末比11円87銭安の1763円と反落した。

 株価上昇率ランキングでは、1位が朝日ラバーで同5・47%高、2位がアキレスの同3・85%高、3位が三洋貿易の同2・82%高となった。

 主なゴム企業の株価を見ると、タイヤ4社ではブリヂストンが同80円高の4704円と続伸、住友ゴム工業が同44円高の1996円と続伸、横浜ゴムが同44円高の2507円と続伸、東洋ゴム工業が同27円高の1859円と続伸した。

 自動車用ゴムでは、朝日ラバーが同67円高の1292円と続伸した。同社は自動車内装照明用の「アサカラーレッド」など工業用ゴム事業の受注が好調。利益面では販売増や原価低減活動等が寄与し、18年3月期第3四半期では創業来最高の売上高・各利益

本文:550文字

写真・表・グラフあり