ベルト特集 ポバール興業 樹脂ベルト事業は好調持続 新規開拓による販路拡大が奏功

2018年04月27日

ゴムタイムス社

 ポバール興業(愛知県名古屋市、松井孝敏社長)は、国内における樹脂ベルト製造・加工・販売のパイオニア的な企業として、顧客ニーズに合わせた製品開発を行っている。

 同社の18年3月期第3四半期の樹脂ベルト事業は、売上は1桁後半の伸びを見せ順調に推移した。

 その要因は、食品向けベルトが引き続き堅調だったことや、ウレタンタイミングベルトがさらに伸びたこと、さらに新規開拓に注力したことによる販路拡大などが挙げられる。

 食品向けでは、食品業界全体が堅調で工場の稼働率が上昇しベルトの交換需要が増えたことも奏功している。一方、メインの鉄鋼用はほぼ横ばいで推移した。

 ウレタンタイミングベルトは工作機械向けを始め、鉄鋼・自動車向けも堅調だった。ロングタイプやジョイントタイプなど満遍なく伸びている。

 海外では、繊維向けの紡績用ベルトを中国での生産に注力した。市場としてはヨーロッパ、中国をメインに販売しており、前年比で微増となった。自動車・鉄鋼用のベルトを生産するタイでは、地元の企業にも販路が広がり、タイ国内での

本文:1024文字

ベルト特集 ポバール興業 樹脂ベルト事業は好調持続 新規開拓による販路拡大が奏功

キーワード: ·