ベルト特集 ニッタ 食品・物流分野とも順調 NLG拡販へプロジェクト推進

2018年04月27日

ゴムタイムス社

 ニッタ(大阪市浪速区、新田元庸社長)の17年度の樹脂搬送ベルトは、前年度からの好調な流れが継続し順調に推移した。用途では主要分野の食品・物流向けがけん引し、搬送用樹脂ベルト「NLG™(ニューライトグリップ™)」は伸長した。

 食品分野では、中食市場の成長を受け、コンビニ向けの製パン、製菓、総菜などが伸びている。

 物流分野も順調だ。ネット通販が広がる中、ECサイト運営会社が物流倉庫の増設に動いているなど、物流分野の堅調さは今後も続く見通しだ。

搬送用樹脂ベルト「NLG™(ニューライトグリップ™)」

搬送用樹脂ベルト「NLG™(ニューライトグリップ™)」

 製品面では、NLGの食品搬送用高機能ベルト「WEXU」シリーズは市場に徐々に浸透している。従来の抗菌、防カビ、耐湿熱、低収縮、耳ほつれ防止などの機能に加え、耐次亜塩酸ナトリウム、耐油性能の付いたオールインワン製品だ。

 昨年の「FOOMA(国際食品工業展)」では、同シリーズに「プロテクトシール加工」を施した製品を出品した。同製品はベルトの端部をガードし、フレームとの接触による耳ほつれを防ぐのが特徴。「食の安全・安心への意識が高

全文:約1126文字

ベルト特集 ニッタ 食品・物流分野とも順調 NLG拡販へプロジェクト推進

キーワード: ·