ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

豊田合成 IFRSを2019年3月期から適用

2018年03月29日

ゴムタイムス社


 豊田合成は3月23日、同日の取締役会において、連結財務諸表および連結計算書類について、従来の日本基準に替えて、国際財務報告基準(以下、IFRS)を任意適用することを決議したと発表した。
 資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上や、グローバルでの経営管理の更なる強化を図ることが目的。

 IFRSによる開示は、2019年3月期第1四半期からを予定している。

 

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー