ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

旭化成 製造統括本部新設など組織改正を実施

2018年04月05日

ゴムタイムス社


 旭化成は4月1日付で組織改正を行うと発表した。

 購買・物流統括部の組織を以下のとおり再編する。(1)企画管理部を廃止し、購買企画室と物流企画室を新設する。(2)原料第三部を廃止する。

 製造技術統括部を製造企画部に改称する。

 製造統括本部を新設し、その内部組織として製造企画部を位置づける。(1)製造企画部を製造統括本部下に位置づけたことに伴い、配下の組織を以下のとおり再編する。①製造技術企画部を製造企画室に改称する。②製造技術第一部を製造第一グループに改称する。③製造技術第二部を製造第二グループに改称する。④製造技術第三部を製造第三グループに改称する。(2)水島製造所のポリマー製造第一部を廃止する。

 研究・開発本部の組織を以下のとおり再編する。(1)技術政策室に次世代蓄電戦略部を新設する。(2)知的財産部の組織を以下のとおり再編する。①知財戦略室を新設する。②リエゾン住宅グループを新設する。③知財リエゾン第一グループをリエゾンマテリアル第一グループに改称する。④知財リエゾン第二グループをリエゾンマテリアル第二グループに改称する。⑤知財リエゾン第三グループをリエゾンヘルスケアグループに改称する。

 繊維事業本部関係では、不織布事業部をスパンボンド事業部と不織布事業部に分離することに伴い、組織を以下のとおり再編する。(1)不織布事業部の不織布生産業務部をスパンボンド事業部に移管し、スパンボンド生産業務部に改称する。(2)不織布事業部の不織布技術開発部をスパンボンド事業部に移管し、スパンボンド技術開発部に改称する。

 石油化学事業本部関係では、企画管理部のRC・コンプライアンス室をコンプライアンス統括室に改称する。RC統括室を新設する。

 旭化成株式会社・高機能ポリマー事業本部関係では、企画管理部の組織を以下のとおり再編する。(1)レオナ事業統括室を機能樹脂企画室に統合する。(2)合成ゴム企画室をゴム・エラストマー企画室に改称する。(3)RC・コンプライアンス室をコンプライアンス統括室に改称する。合成ゴム事業部にESP推進部を新設する。技術開発総部において海外開発技術部をレオナ樹脂技術部に統合する。

 高機能マテリアルズ事業本部関係では、機能性コーティング事業部に品質保証部を新設する。電子・機能製品事業部から感光材事業グループを独立させ、感光材事業部を新設することに伴い、感光材営業部、感光材・システム技術開発部、アサヒフォトプロダクツ(ヨーロッパ)、感光材工場をその内部組織として位置づける。光学材料開発部を廃止する。

 消費財事業本部関係では、企画管理部のRC・コンプライアンス室をコンプライアンス統括室に改称する。旭化成ホームプロダクツ(株)の組織を以下のとおり再編する。(1)ウェルネス事業推進本部を新規事業推進本部に改称する。(2)営業統括本部に戦略市場営業本部を新設する。樹脂製品事業部に新規事業推進部を新設する。

関連キーワード: ·