ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

18年1月の工業用ゴム製品 生産が4ヵ月連続で増加

2018年03月20日

ゴムタイムス社

 経済産業省がまとめた1月のゴム製品生産・出荷金額によると、工業用ゴム製品の生産は新ゴム量で1万3510tで前年同月比0・1%増、出荷金額は568億8511万1000円で同4・5%増となり、生産は4ヵ月連続、出荷は18ヵ月連続でプラスとなった。

 生産は、防振ゴムが2504tで同0・7%増、防げん材は158tで同13・2%減、ゴムロールは357tで同4・5%減、パッキン類は2193tで同0・9%増、オイルシールは656tで同0・6%減、スポンジ製品は2655tで同2・3%減、ゴム板は1589tで同3・1%増、その他の工業用ゴム製品は4054tで同0・7%増となり、防振ゴム、パッキン類、ゴム板、その他の工業用ゴム製品は前年実績を上回った。

 出荷金額は、防振ゴムが124億613万1000円で同8・8%増、防げん材は7億7962万6000円で同1・5%減、ゴムロールは23億896万4000円で同0・7%減、パッキン類は

本文:589文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·