ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

独ランクセスの2017年決算 EBITDAが約30%増

2018年03月19日

ゴムタイムス社


 独ランクセスの2017年度通期の特別項目を除いたEBITDAは、前年比29・6%増の12億9000万ユーロ(前年は9億9500万ユーロ)と過去最高の結果を達成し、業績予測範囲(12億5000万ユーロから13億ユーロ)の上限に近い結果となった。

 主な要因としては、全部門で販売量が増加したことと前年度に買収したケムチュラ事業が大きく貢献したことが挙げられる。特別項目を除いたEBITDAマージンは13・3%(前年:12・9%)に増加し、中期目標にさらに近づいており、同社では2021年度以降の同マージンの平均を14%から18%と見込んでいる。グループの連結売上高も前年比25・5%増の96億6000万ユーロ(前年は77億ユーロ)の増収となった。

 純利益は、8700万ユーロ(前年は1億9200万ユーロ)の減少となった。この減少は特にケムチュラ事業の統合、製造ネットワークおよびバリューチェーンの統合による大幅な特別費用だけでなく、米国の税制改正を受けた一時的な費用が発生したことによる。これらの特別項目および繰延税金資産の取り崩し調整前の純利益は、前年比53・9%増の3億7900万ユーロ(前年は2億4600万ユーロ)となった。

 2018年度については、会計処理の変更により、ゴム事業の合弁会社として設立されたアランセオ部門が2018年度第2四半期より非継続事業として、その他の継続事業(アドバンスト中間体、スペシャリティ・アディディブス、パフォーマンス・ケミカルズ、エンジニアリング マテリアルズ)とは切り離し、引き続き連結決算の一部として報告される。その他4部門で構成される「新ランクセス」の特別項目を除いたEBITDAは全体的に微増するとしている。2017年度通年のアランセオ部門を除外した、特別項目を除いたEBITDAは9億2500万ユーロ。

 

関連キーワード: ·