ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

17年1~12月の合成ゴム生産 前年比3・6%増

2018年02月26日

ゴムタイムス社

 合成ゴム工業会がこのほどまとめた1~12月の合成ゴム品種別生産実績によると、生産量は全体で162万705tで前年比3・6%増となった。

 品種別生産量をみると、タイヤ向けを中心とする汎用のSBRは61万8731tで同3・4%増、同じく汎用のBRは31万7816tで同10・1%増となった。

 SBRのうち、SBRソリッドは47万2977tで同4・0%増、SBRノンオイルは26万3677tで同3・4%増、SBRオイルは20万9300tで同4・7%増、SBRラテックスは14万5754tで同1・8%増となった。

 自動車用ゴム部品を中心とするNBRは、自動車の生産回復により11万6671tで同13・1%増、CRは12万3878tで同2・3%増となったが、EPTは22万7842tで同0・3%減となっている。

 合成ゴム生産の四半期ごとの推移を見ると、1~3月は

本文:約1422文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·