ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合技術のポイントを学ぶのバナー

デンカ 「シー・アール・ケイ」を完全子会社化

2018年02月22日

ゴムタイムス社


 デンカは2月22日、工業用ゴム製品の製造・加工・販売会社「シー・アール・ケイ(CRK)」への出資比率を、これまでの53%から100%へ引き上げ、2月末日で完全子会社化する株式譲渡契約を締結したと発表した。

 CRKは各種ゴムのコンパウンドの他、耐火材や防水・止水材など、ニッチで付加価値の高い製品の開発・製造・販売を通じて、様々な市場ニーズを蓄積するとともに、豊富な製品開発のノウハウを有している。

 デンカのエラストマー事業には、クロロプレンゴム(CR)を中心に、50年以上にわたる素材開発と配合の技術とノウハウ蓄積の歴史がある。今年度からスタートする新経営計画「Denka Value―Up」では、成長戦略の一つである「基盤事業のスペシャリティー化」に基づく、スペシャリティー製品の拡充とソリューションビジネスの強化を推進している。

 CRKの完全子会社化により、デンカの素材開発とCRKの製品開発のシナジー効果を高め、スペシャリティー化を加速していく方針だ。

関連キーワード: ·