ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

大阪ソーダ 三菱ケミカル保有の日東化工株式取得

2018年02月19日

ゴムタイムス社


 大阪ソーダは2月19日、三菱ケミカル株式会社が所有する日東化工の株式の議決権所有割合36・3%のうち31・3%を3月23日をめどに譲り受けることに合意したと発表した。 

 大阪ソーダでは、中期経営計画「ネクストフロンティア100」において、「新製品・新規事業の創出」と「海外事業の拡大」を成長エンジンと位置付け、事業の拡大と強化に取り組んでいる。

 その中でも、耐熱性・耐油性・導電特性に優れ、自動車、OA機器用途向けのエピクロルヒドリンゴムや耐熱性・耐油性に優れ、主に自動車用途向けのアクリルゴムを中心とする合成ゴムについて、コンパウンド事業の拡大による川下展開の強化を図っている。

 日東化工は、自動車タイヤ用ゴムコンパウンドや土木建設用ゴムシート・マットなどの成形品を製造しており、高い技術力により需要家から高評価を得ている。

 大阪ソーダでは、日東化工が持つゴムコンパウンド技術や成形品製造技術と同社の合成ゴム技術を融合することで、ゴムコンパウンド技術を応用した新製品の開発や新たな用途展開を図っていくとしている。

 また、日東化工でも従来の汎用ゴムを中心としたゴム成形品に加え、大阪ソーダの特殊合成ゴムを使用したゴム成形品やシート・マットの開発など、相互に事業拡大を加速していく方針だ。

 今後については株式取得により、日東化工は大阪ソーダの持分法適用会社となる予定である。なお、今回の取得が平成30年3月期の同社連結決算に与える影響は軽微としている。


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com