ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合技術のポイントを学ぶのバナー

ブリヂストンの1~12月期 タイヤ販売好調も原料高響く

2018年02月16日

ゴムタイムス社


ブリヂストンの2017年12月期の連結決算は、売上高は前期比9・2%増の3兆6434億2700慢円、営業利益は前期比6・8%減の4190億4700万円、経常利益は前期比7・4%減の4005億6400万円、純利益が前期比8・6%増の2882億7500万円となった。
 国内では景気は緩やかな回復基調が続いたが、海外経済の不確実性などにより不透明感のあるなかで推移した。一方海外は、政治・経済面において不安定な状況が継続する中で、景気は全体として緩やかに回復が続いた。地区でみると、米国では着実に回復が続いたが、欧州においては、緩やかに回復しているものの、イギリスのEU離脱問題など不安定な状況が継続した。アジアでは、中国において持ち直しが見られた。また、鉱物価格の回復に伴う鉱山でのタイヤの需要が見られた。

 

 

本文:1004文字

関連キーワード: ·