ゴムタイムス70周年の画像
導電性カーボンブラックのバナー

住友ゴム テニスコート設計・施工会社を子会社化

2018年01月30日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は1月29日、国内テニスコートの設計・施工会社であるスポーツサーフェスの子会社化に関する手続きを完了したと発表した。

 テニスコート事業の拡大を図る住友ゴムと、スポーツサーフェスの株式を保有する同社代表取締役社長の羽鳥昇氏の間では、すでに子会社化に向けた合意がなされていた。

 スポーツサーフェスは世界テニス4大大会の一つである全米オープンの会場にも採用されている、米国のテニス用ハードコート「デコターフ」の日本での独占販売・施工権を持つ。ハードコート以外にも砂入り人工芝や照明施設、ネットフェンスなどの設計・販売・施工までテニスコートに関わる総合的なサービスを提供している。

 住友ゴムは、1983年に日本で初めてテニス用砂入り人工芝「オムニコート」を販売し、30年以上にわたり多くのテニスプレーヤーとテニス施設関係者に愛用されてきた。

 今回の子会社化により、砂入り人工芝に加え、世界標準のハードコートの設計・施工も提供できる体制となる。同社は今後も日本のテニスプレー環境の整備に貢献するとともに、体育施設の事業拡大を進めていく方針だ。

「デコターフ」が採用されている「有明コロシアム」

関連キーワード: ·