ゴムタイムス70周年の画像

豊田合成 「ロボデックス」に出展

2018年01月11日

ゴムタイムス社

 豊田合成は1月11日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で17~19日に開催されるロボット産業の技術展「第2回ロボデックス」に、電気と力で機能する次世代ゴム「e―ラバー」を出品すると発表した。

 同社はe―ラバーを用いて、電磁モーターに代わる次世代の動力源として「ロボットの人工筋肉(ソフトアクチュエータ)」や、柔らかさを活かした「触覚・圧力センサやモーションセンサ(ソフトセンサ)」を開発しており、少子・高齢化社会を支える産業ロボットや医療・介護支援ロボットなどでの実用化を目指している。

 e―ラバーは超分子構造のスライドリングマテリアルを主材料とし、軽量・高出力・省エネ・静粛・柔軟・速い応答といった特徴を持つ。

 同社ブースでは、その特徴や動作原理を動画などで分かりやすく紹介するほか、将来のロボットへの具体的な応用を想定したコンセプトモデルなどを展示する。

ブース全景(イメージ図)

関連キーワード: ·