【新年インタビュー】明治ゴム化成 岩崎吉夫社長

2018年01月12日

ゴムタイムス社

  • 岩崎吉夫社長
  • 明治ゴム化成
  • 高付加価値化で新たな成長へ
  • 岩崎社長

 18年度から新中計「第Ⅲフェーズ」がスタートする明治ゴム化成。「今上期は自動車部品事業を始め各事業が概ね好調を維持した」と語る岩崎社長に新中計の骨子や課題などを聞いた。

―昨年を振り返って

 国内・海外ともに当社を取り巻く環境は上昇傾向にあった。さらに、為替も円安基調で推移した。そのような環境下で、当社はグローバルの各拠点で最適地生産と現地販売を継続しながら、営業力強化や生産性向上に取り組み、今上期(4~9月)は増収増益となった。

―事業別の動向は

 印刷機材事業は増収増益だった。ブランケットは国内ではUV関係が好調。価格競争の激しい海外市場では、それぞれの海外拠点を上手く使えたと思っている。

 合成樹脂事業は昨年特需があった反動から、売上は減少したものの、再生材事業の生産性が向上し、利益を確保した。生産量が増加する再生材事業の山口美祢工場については、引き続き強化していく考えだ。

 工業用品は、昇降機部品がアジアと国内のリニューアル市場で好調に推移し、また海洋土木関係も大型案件を取り込むことができ、売上

 

本文:1315文字

【新年インタビュー】明治ゴム化成 岩崎吉夫社長

キーワード: ·