ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

【新年インタビュー】十川ゴム 十川利男社長

2018年01月09日

ゴムタイムス社

得意とする事業分野の構造変化に対応するため、十川ゴムでは新製品開発に積極的に取り組んでいる。十川利男社長に昨年を振り返ってもらいつつ、今後の取り組みを聞いた。

 ―昨年を振り返って。

 上半期(4~9月)の売上高は70億2000万円。当社は後半型とは言え、年間計画に対して2ポイントほどダウンしている。ガス関連や自動車の燃料系が減っている上、汎用品の出足が鈍かったためだ。

 前期を支えたのは建設機械系だった。バイオディーゼル燃料ホースや設備装置系なども好調で、食品系では型物などが好調だった。シートは前期にあった物件ものが無くなったため分、ほぼ横ばいとなっている。

 ―中国紹興十川の状況は。

 12月決算なのでまだ通期の業績は出ていないが、10月までのイメージではまずまずのところだ。日本から中国に発注しているのはほぼ金型成形品になる。中国国内向けでもこれら成形品や建機関係のホースを出荷している。

 売上高の65%が中国国内、35%は日本向けということで、中国向けのウエイトが高くなっており、為替の影響をカバーした。

 通期の売上高は前期比30%ほど伸びるのではないか。最終利益は前期を少し上回りそうだが、為替の影響を見てみないと分からないところはある。

 ―課題は。

 自動車関連では、燃料系配管としてのホースやエンジン周りのパッキン類などが多い。しかし、EV化でこれらの需要が徐々に減少し

 

本文:約1201文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
現場で役立つゴム金型の基礎知識・金型の選び方のバナー