ゴムタイムス70周年の画像

東レ 子会社が製品検査データを不正書き換え

2017年11月29日

ゴムタイムス社


 東レは11月28日、子会社の東レハイブリッドコード(THC)で、顧客への納入製品の検査成績書に記載するデータを不正に書き換えていたことが判明したと発表した。

 THCは本社工場で生産する各種コード類(補強材)を、顧客であるタイヤメーカーや自動車等部品メーカー、抄紙用フェルトメーカーなどに納入する際の品質検査で、顧客との取り決めであるタイヤコード、自動車用ホース・ベルト用コード、抄紙用コードの品質データ数値を一部不正に書き換えていた。

 約4万件のデータを調査した結果、顧客と取り決めた規格から外れたデータの規格内への書き換えが149件あった。書き換え期間は2008年4月~2016年7月。対象となる顧客数は13社。

 同社では、規格外の測定結果を規格内に書き換えた製品の品質については、いずれも規格値からの乖離がごくわずかで、規格内製品と実質的な差は無いとしている。また、対象となる製品を使用している顧客には、現在、順次報告しているが、これまで報告した顧客からはいずれも、性能上・製品安全上の問題があるとの指摘は受けていないという。

 THCが不正に書き換えを行った製品について、顧客で不具合が生じた場合には、誠意をもって真摯に、かつ迅速に対応する方針。また、書き換えを含む不正行為が再発しないように、昨年10月からTHCの品質保証体制を改めている。

 同社は今回の件の発覚を契機として、グループ全体にわたる調査の徹底と精査を行っているが、現時点で法令違反や製品安全上の問題のある案件は見つかっていない。また同社グループでは、今後より一層のコンプライアンス強化に努め、再発防止とともに信頼の回復に全力で取り組んでいく。

 なお、同件の関係者に対する処分については、経緯を含めた全容が明らかになり次第、決定する。

関連キーワード: ·