ゴムタイムス70周年の画像

ヤマカミ共進会実務者会 商品展示会開く

2017年11月20日

ゴムタイムス社

 ヤマカミと取引先企業で構成するヤマカミ共進会(亀田元秀会長)は11月17日、2017年度ヤマカミ共進会実務者会を開催し、商品展示会や講演会を行った。

 展示会では、メーカー各社が主要製品や新製品、環境配慮製品をサンプルやパネルを使って紹介した。出展企業は次の通り。

商品展示会会場

 ◇タイガースポリマー

 ホースではタイパワーホースFCやタイパワーホース耐油WSを、チューブではメディルチューブを紹介した。耐油WSは従来のWSよりも耐油性と耐摩耗性をプラスしている。

タイガースポリマー

 ◇三ツ星ベルト

 伝動ベルトや食品・物流向けの搬送ベルトを出展した。ロボット向けの伝動ベルトでは、「メガトルクGシリーズ」を参考出品。新たに小ピッチタイプをラインナップにすることで、コンパクト設計に対応できることをアピールした。

三ツ星ベルト

 ◇プラス・テク

 新製品の耐油テクノブレードや帯電防止タイプのエクレマーシリーズなど樹脂ホースを紹介した。耐油テクノブレードは、絶縁油、作動油などの油用配管や機械機器など工業用配管などに適している。今後も特長のある新製品を上市していくという。

プラス・テク

 ◇クラレプラスチックス

 新製品の「ネオ・ホーマーCF、GX」を始め、クラレグループのクラレトレーディングが扱うマスクも出品した。ネオ・ホーマーCXは軽量・耐圧・耐摩耗性を特長とするホースで、顧客の要望を聞き改良を重ね今年から販売を開始した。

クラレプラスチックス

 ◇八興

 柔軟フッ素ホースシリーズを中心に展示した。同シリーズの「導電スーパー柔軟フッ素シリーズ(E-SJD、E-SJSD)」は11月15日、東京都の中小企業が開発した革新的で将来性のある優れたサービス・製品・技術を表彰する「世界発信コンペティション技術特別賞」を受賞。ブースでも受賞を来場者にPRしていた。

八興

 ◇日立金属商事(東北ゴム)

 東北ゴムの主要な事業であるシート、ホース、ハンドレールのうち、ホースとシートで特長ある製品を出品。シートでは非粘着複合シート「ネバラン」や帯電防止用ゴムシート「エレリーク」、ホースでは超耐摩耗ホース「セラホース」「セラベンド」などを紹介した。

日立金属商事

 ◇オーサカゴム販売

 1500mm幅の広幅シートやKANKYOゴムシート、開発中の「滑り止めゴムマット」などを出展した。ゴムマットは現在、形状や硬さなどのデザインを変えることで、建材など新しい用途展開を模索している。

オーサカゴム販売

 ◇十川産業

 初出展の今回は、注力製品の塩ビ製の高耐圧ホース「メガハイプレッシャーホース」などを中心に特殊品も出展。メガハイプレッシャーホースは、弾性特殊配合と高圧補強構造により