ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

東洋ゴムの1~9月期 増収も原料高響き営業減益

2017年11月10日

ゴムタイムス社


 東洋ゴム工業の2017年12月期第3四半期連結決算は、売上高が2952億4300万円で前年同期比5・8%増、営業利益は333億4900万円で同4・5%減、経常利益は293億2400万円で同2・2%増、四半期純利益は116億8400万円で同54%増となった。

 タイヤ事業の売上高は2376億6600万円で同7・2%増、営業利益は333億8000万円で同3・7%増となった。

 北米市場における市販用タイヤは、大口径ライトトラック用タイヤの販売が好調に推移したこと、またトラック・バス用タイヤの販売が拡大したことにより、販売量、売上高ともに前年同期を上回った。欧州市場における市販用タイヤについては、ロシアやイギリスを中心に販売が伸長したことにより、販売量、売上高ともに前年同期を大きく上回った。

 新車用タイヤにおいては、海外市場では新規獲得した車種の販売が好調に推移したが、国内市場では装着車種の販売が低調だったため、販売量、売上高ともに前年同期を下回った。
 国内市販用タイヤにおいては、夏用・冬用タイヤそれぞれの値上げに伴う駆け込み需要の影響もあり、販売量、売上高ともに前年同期を上回った。

 ダイバーテック事業の売上高は575億3500万円で同0・7%増、営業損失は9200万円、前年同期は23億1000万の利益となった。
 自動車用部品においては、防振ゴム、シートクッションの売上高は前年同期並みとなった。その他の製品については、輸送機器は伸長したものの、防水資材の需要が低迷したことから、売上高は前年同期並みとなった。

 通期の業績予想については、ダイバーテック事業の業績が悪化したこと、米国における集団民事訴訟の和解による独禁法関連損失を特別損失として計上したこと、当期に追加で製品補償対策費、製品補償引当金繰入額を特別損失として計上したこと等により、8月10日発表の予想を下方修正した。

 売上高は4000億円で前期比4・8%増、営業利益は470億円で同4・7%減、経常利益は410億円で同7・1%減、当期純利益は202億円を見込んでいる。

関連キーワード: ·