ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

JFEエンジ 旭化成の原料ゴム能増工事を受注

2017年10月17日

ゴムタイムス社


 JFEエンジニアリングは10月6日、旭化成シンセティックラバーシンガポール社から、高性能タイヤ向け原料ゴム生産設備の増強工事を受注したと発表した。

 今回受注したのは、既存の原料ゴム生産プラントを増強する設備一式の建設工事で、これにより、工場の生産能力は年産10万tから同13万tに拡大する。

 新興国でのモータリゼーションの進展によるタイヤ需要の拡大や、世界的なタイヤに対する環境規制の強化などを背景に、高性能タイヤは今後高い成長が見込まれている。

 旭化成は高性能タイヤ向け原料ゴムの生産に関して、さらなる需要拡大と顧客ニーズに応えた供給体制の拡充を図るため、シンガポール工場の生産能力増強を決定した。

 JFEエンジニアリングは、40年以上にわたってインドネシアのエンジニアリング拠点で、現地のエネルギーパイプライン、日系企業の潤滑油や化学原料などを製造するプラントの設計・建設を行ってきた。また、マレーシアのエンジニアリング拠点では、同国内やシンガポールで日系企業の工場新設などを行なっている。

 今回のプロジェクトは、これらの拠点の力を結集することで、同社の持つ高品質でコスト競争力の高いエンジニアリング力を提供するものとしている。