ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン パラアスリートを技術支援

2017年10月13日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは10月12日、都内で「パラアスリートへの技術支援を行う新プロジェクト」に関する発表会を開催した。

 同プロジェクトでは、タイヤや自転車、テニス用ラケットといった製品に留まらず、パラアスリートに貢献できる器具・ツールの開発や分析・シミュレーション技術を展開していく。

 発表会では、オリンピック・パラリンピックマーケティング推進部の鳥山聡子課長、ブリヂストンサイクル・ブランドコミュニケーション戦略課の渋谷淳一課長、イノベーションマネジメント部の小平美帆主任部員がそれぞれ取り組みを紹介。その後、リオデジャネイロオリンピックに出場したパラトライアスリートの秦由加子選手が登場し、トークセッションを行った。

 鳥山課長は「パラアスリート技術支援の背景」について述べ、同社がオリンピック・パラリンピックのパートナーとなったことを機に、特にパラアスリートから用具や技術の面で様々な困りごとを聞くようになり、同社が持つ「ノウハウや技術などで貢献できないか」と考えたことが、支援のきっかけだと説明した。

 次に、ブリヂストンサイクル経営戦略本部ブランドコミュニケーション戦略課の渋谷淳一課長が「これまでのアスリート支援の取り組みとパラアスリート支援」を紹介し、レースのフルサポートやトレーニング環境の提供といった「チームサポート」と「機材フレームサポート」、選手の能力やフォームの解析などを行う「ラボ計測」の3つの面でアスリートを支援していると述べた。

 小平主任部員は「パラアスリートへの技術支援」として、スポーツ用義足の

本文:1033文字