ホース特集 十川ゴム 高機能ホース製品に注力 製品開発・研究活動推進へ

2017年10月27日

ゴムタイムス社

 十川ゴム(大阪市西区、十川利男社長)は、産業界の多様な用途に対応するゴム・樹脂ホースを製造している。

 ホース市場について、同社は油圧機器産業用や土木・建設機械産業用、船舶・車両産業用、食品機械産業用を注力分野と捉えている。ただ、これら分野のニーズも時代とともに移り変わることから、同社は需要先の変化に対応した、新製品の確保や将来を見越した研究活動を推進することが重要と考えている。

サンクイックホース 製品開発では、土木関係の「サンクイックホース」でラインナップを拡充し、耐摩耗用シリーズで75A(4MPa)を追加した。大都市部での掘削工事の大深度化に対応するため、75Aはコンパクトな曲げ性能や配管の大口径化、吐出圧力の上昇に対応した。また、150Aや200Aと同様、75Aも金具内筒拡大方式で設計し、掘削工事で求められる工期短縮にも対応した製品となっている。

 「高温油用ホースHKシリーズ」は、建設機械、産業エンジンにおけるオイルリモート配管及びオイルクーラー配管での100℃以上の高温油領域(最高150℃)に対応するホースで、油圧ハイドロリックホースシリーズとしてラインナップ拡充を図った。

 その他、家庭用燃料電池やEV関連部品、耐

本文:1063文字

ホース特集 十川ゴム 高機能ホース製品に注力 製品開発・研究活動推進へ

キーワード: ·