ゴムタイムス70周年の画像

住友理工 国際福祉機器展に出展

2017年09月21日

ゴムタイムス社


 住友理工は9月20日、東京ビッグサイトで27日から開催される「第44回国際福祉機器展H.C.R.2017」に出展すると発表した。

 急速な高齢化の進展や、介護職員の不足・業務負担の増加が社会問題になる中、同社は介護を受ける人のQOL(生活の質)の向上と、介護者の負担軽減に寄与する製品を開発・販売している。

 今回は、独自開発の柔軟な導電性ゴムでできた体圧検知センサー「スマートラバー(SR)センサ」技術を応用した介護製品を展示。体圧を自動で分散し、床ずれ防止・介護の負担軽減に貢献する床ずれ防止マットレス「SRアクティブマットレス 体圧ブンさん」と、体圧分布やバランスを可視化し、体位交換やクッションの選定、リハビリ支援と様々なシーンで活用されているシートセンサ「SRソフトビジョン」シリーズを紹介する。

関連キーワード: ·