ゴムタイムス70周年の画像

ニュースの焦点 復刻版タイヤへの期待

2017年09月29日

ゴムタイムス社


 日本の自動車メーカー各社が、生産終了したかつての名車の純正部品の販売再開やレストア(修復)のサービスを行うことを発表した。それに呼応して、タイヤメーカーもレストア向けタイヤやヒストリックカー向けタイヤの販売に乗り出した。日本でも真の「自動車文化」への動きが始まったと言えそうだ。

 悲惨な交通事故を起こさせないために、あるいは環境への負荷を減らすために、車とタイヤの技術を最新のものに変えていくのは当然だ。しかし、車には単なる交通手段以外の魅力があるのも確かで、だからこそ、クラシックカーマニアが世界中に存在するのである。

 自動車メーカーのレストアサービスは、マツダが初代「ロードスター」(NA型)に関するサービスを発表したのに続き、ホンダも軽自動車「ビート」の純正部品の再生産を発表した。日産も「スカイラインGT―R(R32型)」の補修部品の再供給を検討しているという。

 これと並行して、横浜ゴムは

本文:669文字

関連キーワード: ·