ゴムタイムス70周年の画像

週刊ゴム株ランキング 藤倉ゴム、リチウム電池関連株で注目(8/28~9/1)

2017年09月04日

ゴムタイムス社

 8月28日~9月1日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面高の展開となり、前週末比で23社が上昇、1社が横ばい、7社が下落した。9月1日のゴム平均は、前週末比29円45銭高の1656円3銭と続伸した。

 株価上昇率ランキングでは、1位が藤倉ゴム工業で同14・91%高、2位が朝日ラバーの同7・36%高、3位が東海カーボンの同5・52%高となった。

 主なゴム企業の株価を見ると、タイヤ4社ではブリヂストンが同136円高の4788円と反発、住友ゴム工業が同55円高の1839円と反発、横浜ゴムが同19円高の2077円と反発、東洋ゴム工業が同85円高の2169円と続伸した。

 自動車用ゴムでは、朝日ラバーが同76円高の1108円と続伸した。

 合成ゴムでは、JSRが同37円高の2152円と続伸、日本ゼオンが同75円安の1371円と反落した。

 産業用ゴムでは、藤倉ゴム工業が同116円高の894円と続伸した。藤倉ゴムは需要先の自動車、産業機械向けが堅調に推移し、18年3月期第1四半期は売上高が12%増、営業利益は7割増と好調。さらに、同社のマグネシウム電池「ワットサット」

 

本文:562文字