TPE特集 旭化成 SEBS等の新規需要掘起こし 自動車用で耐寒性、制振機能付与

2017年09月08日

ゴムタイムス社

 

 旭化成の高機能ポリマー事業本部は、水添スチレン系エラストマー(SEBS等)「タフテック」「S.O.E.」と、スチレン系エラストマー(SBS)「タフプレン」「アサプレンT」の2つのカテゴリーでTPE事業を展開している。

 SBSの「タフプレン」「アサプレン」は、スチレンとブタジエンのブロックコポリマーで、ゴム的特性、ポリスチレン等樹脂との相容性、成形性などに優れ、最大の市場規模を有するスチレン系熱可塑性エラストマー。ポリスチレンなどの樹脂とのブレンド、各種粘接着剤のベースポリマー、アスファルトブレンド:防水シート、道路舗装材などに使用されており、堅調な伸びが続いている。SBS系粘着剤では、業界をリードしてきたサプライヤー。

樹脂改質

樹脂改質

 SEBSの「タフテック」はスチレンとブタジエンからなるブロックコポリマーの二重結合部分を水素添加したポリマー。熱安定性、耐候性、幅広い温度領域でゴム特性を示し、耐薬品性(酸、アルカリ、アルコール)に優れ、オレフィン系樹脂、スチレン系樹脂を始め、様々な樹脂との相容性に優れていることから、汎用樹脂(PE、PP、PSなど)、エンジニアリングプラスチック(PA、PET、PC、変性PPEなど)の改質剤とし

本文:1155文字

TPE特集 旭化成 SEBS等の新規需要掘起こし 自動車用で耐寒性、制振機能付与

キーワード: ·