【ゴム商社インタビュー】コクゴ 南明則社長

2017年10月13日

ゴムタイムス社

 ネット事業をさらに強化 営業拠点開設に注力

 昨年創立70周年を迎えたコクゴ。1995年に2代目社長として就任した南明則氏に、社長業としての20年余を振り返ってもらいつつ、注力事業や今後の方針などについて語ってもらった。

 ◆これまで取り組んできたことは。

 まず、事業拡大に向けて拠点開設に力を注いできた。2005年に青森営業所を設け、2010年に三重営業所と静岡営業所を統合し、名古屋支店を開設した。2012年には大阪支店を大阪市天満に移した他、東京ロジテックスセンター(TLC)については1998年により広い敷地に移転した。さらに、2013年には本社ビルを建て替えた。

 また、会社に組織を作りたいという思いから、品質と環境に関するISO9000と14001を取得した。

 私が社長になった当時は営業部と倉庫・資材の担当部門があった程度。ISO取得をきっかけに、広報企画部と品質保証部を作り、営業部も医療や理化学、精密機器、エネルギーなど部門ごとに役割を明確にした。

 これにより、以前は何か問題が起きたら営業が対応していたが、今は顧客から問い

本文:1040文字

【ゴム商社インタビュー】コクゴ 南明則社長

キーワード: ·