ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

三菱ケミカル テファブロックが内装部材に採用

2017年08月10日

ゴムタイムス社


 三菱ケミカルは8月10日、熱可塑性エラストマー「テファブロック」のスチレン系QEシリーズで成形性・触感を向上させた新グレードを開発し、自動車の内装表皮材やアシストグリップなどの内装部材に新たに採用されたと発表した。

 テファブロックQEシリーズは、柔軟性・耐摩耗性の高さから、これまで電動工具や自動車のシフトレバーなど、小型のグリップ類・パッキン類などで広く採用されてきた。

 近年、自動車内装部材に対して高度な意匠性と良好な触感を求める声は強く、こうした要求を満たす素材のニーズが高まっている。同社は、こうした需要に応えるため、テファブロックQEシリーズが持つ柔軟性・摩耗性を維持したまま、流動性を2倍以上向上させることにより、複雑な形状や大型の成形品であっても優れた意匠性を発揮することができる高い成形性と、ドライ感に優れ、革や合成皮革のような触感を持つ新グレードを開発した。

 新グレードは、従来品では対応が難しかった自動車の内装表皮材やアシストグリップなどの大型用途で、新たに採用が始まっており、今後もその用途が拡大していく見込みである。

 同社は、引き続き顧客からの多様なニーズに応じるため、熱可塑性エラストマーのラインナップの拡充に努め、機能性樹脂事業の拡大を一層加速させていく方針だ。

関連キーワード: ·