ゴムタイムス70周年の画像

17年6月のゴムベルト生産実績 内需は13%増

2017年08月04日

ゴムタイムス社

 日本ベルト工業会がまとめた6月のゴムベルト生産実績によると、生産量は合計で2474t、前年同月比5%増となり、2ヵ月連続で増加した。うち内需は2036tで同13%増で2ヵ月連続で増加、輸出は438tで同20%減となり前月の増加から減少に転じた。

 品種別のコンベヤベルトは1364tで同7%増となり、2ヵ月連続で増加した。内訳は、内需は同22%増で2ヵ月連続の増加、輸出は同26%減で前月の増加から減少に転じた。

 コンベヤの国内の主な需要先の6月の統計を見ると、鉄鋼業界は粗鋼生産は前年同月比4・3%減で、2ヵ月のマイナスとなったが、セメントは同6・1%増で3ヵ月連続の増加、製紙業界の紙・板紙生産は同0・2%増と4ヵ月連続で増加するなど、鉄鋼業界を除けば堅調と言える。

 輸出については、

本文:918文字

関連キーワード: ·