ゴムタイムス70周年の画像
プラスチック材料の全体がわかるのバナー

1~6月のゴムロール生産実績 総合計は1%減少

2017年08月03日

ゴムタイムス社


 日本ゴム工業会・統計委員会(ロール製品関係7社)がまとめた2017年1~6月計のゴム・樹脂ロール生産実績によると、総合計は1964t、前年同期比0・9%減となり、16年上半期の5・8%増と比べて前年同期を下回った。

 このうちゴムロールは1761tで同1・2%減、合成樹脂ロールは203tで同1・8%増となった。

 17年上半期の推移を見ると、ゴムロールは1~3月(同3・0%減)、4~6月(同0・2%増)と推移。一方、合成樹脂ロールは1~3月(同3・7%減)、4~6月(同8・5%増)と推移している。

 用途別では、これまで低調に推移していた印刷用は、17年に入り回復基調に転じている。ただ、製鉄用や製紙用が前年同期実績を下回ったことから、全体では1%近い減少となった。

 さらに詳しく見ると、全体の33・2%を占める印刷用は、ゴム・樹脂合計で654t、前年比2・5%増となった。そのうち印刷用ゴムロールは同2・4%増、印刷用合成樹脂ロールは同4・4%増。

 次いで28・1%の構成比を占める製鉄用は、合計で555t、同1・6%減となった。そのうち製鉄用ゴムロールは同0・1%減、製鉄用合成樹脂ロールは同8・0%減。

 全体の16・2%を占める製紙用は合計で299t、前年比6・4%減となった。そのうち製紙用ゴムロールは同12・9%減、製紙用樹脂ロールは同15・1%増となっている。

 染色・化繊用、第1次フィルム用、搬送機器用、外壁等住宅用等を含むその他用は、合計で457t、同0・8%減となった。

 

1-6月のゴムロール生産実績
単位:キロ、%日本ゴム工業会 統計委員会(ロール製品関係7社)
用途別期 別
原料別
1-6月前年比
製鉄用ゴムロール459,16599.9%
合成樹脂ロール95,36392.0%
554,52898.4%
製紙用ゴムロール214,22087.1%
合成樹脂ロール85,032115.1%
299,25293.6%
印刷用ゴムロール647,636102.4%
合成樹脂ロール6,070104.4%
653,706102.5%
その他用ゴムロール440,38299.1%
合成樹脂ロール16,370103.5%
456,75299.2%
合計ゴムロール1,761,40398.8%
合成樹脂ロール202,835101.8%
1,964,23899.1%

[/hidepost]

本文:641文字

関連キーワード: ·