ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

17年1~6月のホースアセンブリ需給実績 産業用好調で全体は10%増

2017年07月31日

ゴムタイムス社


 日本ホース金具工業会がまとめたホースアセンブリの2017年1~6月の出荷実績は、付属金具を含めた全体では326億7300万円、前年同期比10%増となった。

 項目別の年間出荷金額は、産業用が226億4900万円で同13%増、自動車用は41億9900万円で同8%減、樹脂は38億1100万円で12%増、付属金具は20億1400万円で同20%増となっている。

 出荷額全体の7割を占める産業用については、主要需要先の建設機械と工作機械の需要環境が好調だ。日本建設機械工業会によると、2017年1~5月の総出荷額(国内・輸出合計)は同15・4%増となり、主力の油圧ショベルの総出荷額も同16・4%の2桁増となった。また、工作機械の17年1~6月は同21・2%増(日本工作機械工業会調べ)となった。このことがホースアセンブリ販売の増加につながったと見られる。

 自動車用は、2017年1~6月の四輪車生産台数は同8・0%増(日本自動車工業会調べ)と堅調に推移した。ただ、国内ではEV車種の増加などを背景に、自動車用ホースの需要自体は減少傾向にある。このため、自動車用アッセンブリの販売も前年実績を下回ったと見られる。

 樹脂ホースの2017年は6月までいずれの月も前年を上回り、1月と3月以外の月は2桁の伸びを記録している。

 なお、6月単月のホースアセンブリ需給実績は、付属金具販売を含めた全体では60億4900万円で前年同月比10%増と、6ヵ月連続で増加した。内訳は産業用が41億9100万円で同12%増、自動車用が7億8300万円で同5%減となっている。

 また、樹脂の出荷額は7億1300万円で同19%増、付属金具の販売額は3億6200万円で同20%増となった。

1-6月のホースアセンブリ需給実績
単位:百万円、%日本ホース金具工業会
1-6月前年同期比
産業用ゴムホース22,649113
自動車用ゴムホース4,19992
樹脂ホース3,811112
付属金具2,014120
合計32,673110

[/hidepost]

本文:716文字

関連キーワード: ·