【新社長インタビュー】八興 阿部忠弘社長

2017年08月21日

ゴムタイムス社

 6月1日に八興の新社長に就任した阿部忠弘氏。「チーム八興」を掲げて新体制をスタートさせた阿部社長に、経営戦略や課題などを聞いた。

―就任の抱負を

 創業者の阿部広作氏の遺志を引き継ぐ。前期は従業員一同が頑張ってくれたことで良い数字が残せた。私も新たな気持ちで経営に取り組んでいく。

―経営の方向性について

 大きく言えば、「お客様が満足する、他社の追従をも許さない独自性のある製品とサービスを、スピーディに開発・提供する」ということ。これをさらに充実・発展させられるよう、新役員を含めて取り組んでいく。

 今後、継続的な成長を得るためには、弊社の強みである独自性のある製品を、さらに積極的に生み出していく必要がある。そのためには積極的な投資も行なう。

阿部忠弘社長

阿部忠弘社長

―独自性のあるサービスについて、具体的に

 一つにはHPを積極的に活用した情報発信。八興独自の製品情報やサービス面での技術情報の提供をより充実させ、お客様の用途に対する最適化を目指す。

 また、いずれは自社製品だけでなく、他社の製品も含めて、お客様のニーズに合致したご提案ができるようにしたい。「八興に相談すれば安心」というワンストップの柔軟なサービスが、これからは大事になるのではないか。

―現段階の課題は

 今年の活動として「業務効率の向上」を打ち出した。仕事によって重複作業もあるだろうし、ツールを使えば合理的に時間を生み出すこともできる。今の仕事のやり方が本当に良いのか、見直してみるということだ。

 また、目先の問題解決に囚われて、人材のローテーションが疎かになりがちだ。業務効率の向上に向けて、長期の展望に立った人材育成が大きな課題となる。

―今期の見通しは

 第1四半期は計画に近いところまで来た。今期の目標は前期実績を上回ること。従業員も頑張ってくれて、今までやってきた活動が少しずつ形になってきている。

 ただ、数字は結果なので、どういうプロセスだったかということの方を今は大事にしている。

―今後の戦略は

 国内市場はまだまだ開拓の余地がある。しっかりとポイントを絞ってもう一度深掘りする。Face to Faceでの、日々の営業活動は重要だと考えている。

 また、弊社はホームページの充実にも注力しており、国内はもちろん海外からも高機能品に対する問い合わせが増えている。今後、海外へ向けた情報提供もさらに充実させたい。

―座右の銘は

 好きな言葉は「感謝」。販売先さま、仕入先さま、従業員や家族には、本当に感謝している。

 

〈プライベートアンケート〉

❶指名を受けて

 歴代社長は、創業者の阿部広作氏の「販売先さま、仕入先さま、従業員への感謝の気持ちを忘れるな」という考えを大事にしてきた。4代目の自分も創業者の意思を継承し、「チーム八興」で社業発展に努めていきたい。

❷家族の反応

 創業者に対する感謝の気持ちを忘れずに、従業員のために頑張ってほしいと言われた。 

❸趣味

 ゴルフ。スコアは90前後、ゴルフ歴は約30年。

❹健康法

 よく食べて、よく飲み、楽しくゴルフし、楽しく会話すること。

❺好きな映画

 「男はつらいよ」。明るい人情物が好き。

❻印象に残る本

 「孫子の兵法」。なかな

本文:1430文字

【新社長インタビュー】八興 阿部忠弘社長

キーワード: ·