ゴムタイムス70周年の画像

東部ゴム商組 新入・若手社員向けの勉強会を開催 

2017年06月22日

ゴムタイムス社


 東部工業用ゴム製品卸商業組合(山上茂久理事長)は6月21日、東京千代田の神田徳力ビルで、「ゴムに関する勉強会」を開催した。

 同組合では組合事業活動の一環として組合員を対象とした各種勉強会を開いている。今回の「ゴムに関する勉強会」は2010年に行われ、好評を博したことから、再び開催したもの。当日は新入社員・若手社員を中心に満員の160人が出席した。

 講師を務めたニシヤマの梅﨑信征営業技術部技術グループ主任は「今回は新入社員・若手社員が知っておくべきゴムの基本に少し難しい説明もわかりやすく解説していきたい」などと述べ、勉強会が始まった。

 講義内容は「ゴムとは?」「ゴム製品の作り方」「ゴムの種類と選択」「ゴム材料の性能評価について」「ゴムの圧縮永久歪について」「シールゴムの設計について」の6項目。梅﨑氏は経験談を交えながらそれぞれの項目

関連キーワード: ·