シリコーンゴム特集 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 新製品開発により市場開拓

2017年07月10日

ゴムタイムス社

 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社とそのグループ会社は米国・欧州・アジアに製造拠点を持ち、各拠点からグローバルに製品やサービスを提供している。

 シリコーンエラストマービジネスでは、継続した成長が見込める自動車、電気電子、ヘルスケア分野などに注力し、欧州の先進の射出成形技術をもとに、豊富な使用実績を持つ液状シリコーンゴム「Silopren LSR」、汎用グレード、高強度グレード、押出し成形グレード、耐熱グレード、帯電防止グレードと豊富なラインナップを持つミラブル(加熱硬化型)シリコーンゴム「Silplus」の展開を進めている。

 今年販売は、昨年秋口から電気電子・自動車関連での新規受注などもあり、おおむね堅調に推移している。グローバルに製造拠点を展開する日系企業へのサポートも充実化させており、今年度はさらに需要が増えることを見込んでいる。

 また、成長分野への展開と新規市場の開拓のためにシリコーンゴム新製品の開発も積極的に行っている。ヘルスケア分野で、「ISO10993、UPSクラスⅥ」に適合した液状シリコーンゴム「Silopren LSR4000」シリーズ、自己潤滑性を有する「Silopren LSR4655 SL」、自己融着性を低減した「Silopren LSR RSH」シリーズ、自己接着を有する複合成形用のLSR製品とミラブルシリコーンゴム「Addisil」、「Tufel」などの製品を

本文:986文字

シリコーンゴム特集 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 新製品開発により市場開拓

キーワード: ·