ゴムタイムス70周年の画像
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

取材メモ 世界の自動車需要見通し

2017年06月26日

ゴムタイムス社


 自動車部品工業会の志藤昭彦会長(ヨロズ会長)は、2016年度の自動車部品工業の経営動向に関する記者会見の席上、記者の質問を受けて今年のグローバルでの自動車需要についての見通しを示した。

 北米での販売は15年がピークで、16年以降は市場縮小が続く見込み。ブラジルは低調のまま、ほぼ横ばい。

 欧州では英国のEU離脱に伴う先行き不透明感から、英国を中心に軒並み消費が鈍化するため、全体では前年割れが続くと予想される。ロシアについてはようやく底を打ち、今年から回復に向かうと考えられる。

 アジアでは、タイ国王死去に伴う消費鈍化が昨年はあったものの、影響は軽微に留まり、今年以降は販売が回復するものと思われる。

 特に、インドとインドネシアが

本文:554文字