ゴムロール特集 宮川ローラー シワ防止用でラインナップ拡充 スピード重視で顧客対応強化

2017年06月19日

ゴムタイムス社

 宮川ローラー(宮城県利府町・宮川忠直社長)の16年度は、1年を通じて順調に推移し増収増益となった。

 「16年度は印刷関連を含め、各業界で受注を満遍なく取り込むことができた」(同社)とした。製品別では、耐溶剤性の高い特殊樹脂ローラー「グランポールシリーズ」や耐溶剤性・高強度を両立させた「セーフティー・インパクト」、高塗布性能と高強度特性を併せ持つコーティングローラー「ウレグラ」などの主力品は拡販できた他、新製品もPRでき、将来の種まきにつながった。

セーフティインパクト

セーフティインパクト

 印刷関連では、デジタル化で紙の需要は減っているものの、設備増設に乗り出す印刷会社もある。同社によれば、これら印刷会社とお付き合いするなかで、16年度は製品が評価され、受注につながったケースもあった。

 他の印刷関連では食品や医薬品で使われる軟包装の需要は安定している。軟包装では主にグラビア印刷が用いられており、セーフティ・インパクトやウレグラなどは販売しやすい環境にある。

 足元(17年4月)についても、前年度の流れを引き継ぎ、

本文:1047文字

ゴムロール特集 宮川ローラー シワ防止用でラインナップ拡充 スピード重視で顧客対応強化

キーワード: ·