ゴムタイムス70周年の画像

住友理工 「⼈とくるまのテクノロジー展」に出展

2017年05月17日

ゴムタイムス社

 住友理⼯は5月17日、パシフィコ横浜で24⽇から開催される⾃動⾞技術展「⼈とくるまのテクノロジー展2017横浜」に住友電気⼯業・住友電装と3社共同でブースを出展すると発表した。

 今回は独⾃の⾼分⼦材料技術によって⽣まれた⾼減衰粘弾性材料によって、⾞体の振動や変形を熱エネルギーに変えて吸収する構造デバイス「⾞体⽤ダンパーブレース」と、新開発の軽量補強材を採⽤することで従来⽐20%の軽量化を達成した「低⽐重EPDMホース」を初出品する。

 また、次世代⾃動⾞への取り組み事例として、独⾃開発のオールゴムセンサー「スマートラバー(SR)センサ」をシートに内蔵し、ドライバーの押圧・接触・⼼拍検知を⽬指す「ドライバーモニタリングシステム」を体験できるデモ機を、昨年に続き出品する。