ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

取材メモ 「すべりにくい消しゴム」が大人気

2017年05月29日

ゴムタイムス社


 春を迎え、受験をくぐり抜けた学生らの笑顔がまぶしい季節となった。おそらく、受験生だった時期には、数多くのお守りや「合格祈願グッズ」を心の支えに、受験勉強に打ち込んでいたのだろう。

 ところで、ゴム業界には、受験生に大人気の合格祈願グッズがあることをご存じだろうか。その商品とは、横浜ゴムがスポーツタイヤ「アドバン」のグッズとして、13年10月に発売した「タイヤの消しゴム」だ。表と裏に競技用タイヤ「アドバン A050」と、ストリートラジアルタイヤ「アドバン・ネオバAD08R」のパターンをそれぞれ再現し、ADVAN GOODSオンラインショップやレースイベントのブースで販売されている。価格は1個380円。

 発売当初、売れ行きはそれほどでもなかったという。その状況が突然変わった。きっかけは、1本のツイッター投稿だった。

 15年8月、富士スピードウェイでのスーパーGTシリーズ開催中に、同社の当時の広報担当者が、ツイッターに投稿した。

 「レースのお土産にオススメ! 受験生や就職活動中のお友達へ、滑りにくいハイグリップタイヤの消しゴム! SUPER GT富士、YOKOHAMAブースで販売中!」

 このつぶやきによって、「タイヤの消しゴム」が「すべりにくい消しゴム」だと、ネット上で話題となり、消しゴムは瞬く間に売り切れた。3週後に開催された鈴鹿でのスーパーGTでも、ブースに客が押し寄せたが、完全な品切れ状態。「どうしてないんだ!?」と問い合わせが殺到したという。

 同社では、すぐに1万個の消しゴムを追加で入荷したが、それもあっという間に売り切れた。

 この「すべりにくい消しゴム」人気にあやかり、昨年の冬は「スタッドレス版すべりにくい消しゴム」を製作し、こちらも好評だったそうだ。

 若者の「クルマ離れ」が話題に上る昨今、受験生の心のよりどころになり、これをきっかけにしてタイヤや車に興味を持ってもらえるのなら、一石二鳥ではないだろうか。

関連キーワード: ·